トップページ
アラッセロゴ


子どもたちの未来を、明るく照らす道しるべ

NPO法人 ARACE


外国人の子どもたちへの学習支援を行い、就学へと結びつけます。


はじまりは。。。

浜松市の国際室(現・国際課)による委託事業「カナリーニョ教室」で指導員をしていた代表が、教室終了後も外国人の子どもたちへの学習支援を続けるために「GRUPO ARACÊ」として活動を始めました。

週1回の算数教室から、助成や委託事業を受けて平日も開講できるようになり、活動基盤を整える目的で2010年にNPO法人となりました。“ARACE”(アラッセ)とは、ブラジル先住民族の言葉で、「あさやけ」、「一日の始まり」、「朝の小鳥のさえずり」を表しています。

こんな思いでやっています

ARACEにやって来る子どもたちが、一人でも多く学校に通い、勉強して自分の人生を切り開いてほしいと願っています。「いっしょに ここから かえていこう」をコンセプトに、一人ではできないことも、2人3人と集まって力を合わせれば、何かが変わるかもしれないという思いで、みんなで知恵を出し合っています。

活動の中で何よりも大切にしているのは、一人一人の子どもやその家族と真剣に向き合い、寄り添うことです。子どもたちの母語・母文化を尊重しながら、未来へと歩き出すために必要な学習サポートや、保護者からの相談対応、情報提供を行っています。

こんな活動をしています

【自信を持って授業に参加するために】
1.アラッセ・希望
毎週土曜日に行っている学習支援教室です。
午前中は就学前の児童と小学生を対象に、日本語と算数を中心に指導しています。
午後は中学、高校生を対象に、数学、国語、英語を中心とした教科学習を行っています。

授業の様子

2.アラッセ・未来
文部科学省の委託事業「定住外国人の子どもの就学支援事業」(通称「虹の架け橋教室」)による学習支援教室です。
主に不就学、不登校の子どもたちを対象に、毎週月曜から金曜の13時~17時まで行っています。
お兄さん、お姉さんの姿を見ながら
いろいろな学年、学校の子どもたちが集まることで、お互いに刺激し合える関係ができています。年上の子どもたちは、小さな子の面倒を見てくれたり、相談に乗ってあげたりしています。小さな子どもたちにとっては、本当のお兄さんやお姉さんのような存在です。
ARACEで知り合った仲間が中学、高校と進学して行く姿を間近に見ることで、“自分も学校に行きたい”という気持ちが湧いて来たり、励みになったりしています。
【子どもの教育に対する意識を高めるために】

レクリエーションの様子

3.相談支援
子どもの学校のことや、進学、学習内容などに関する、保護者からの相談を受け付けています。
これから就学する子どもの保護者には、学校生活で気をつけることや準備することを説明し、スムーズに学校生活が送れるように支援します。
日本の学校になじめるように
就学前の児童には、学校生活に馴染めるように、日本の学校での生活習慣を身につける練習を行っています。一日の中で使うあいさつや、授業中は座っていること、トイレに行きたい時には先生に申し出ることなど、日本の学校での生活を、保護者も含めて説明し、入学に向けての準備をします。
<<委託事業、補助金・助成金事業など>>
2011~2014年度 文部科学省委託「定住外国人の子どもの就学支援事業」
2012~2014年度 浜松国際交流協会 多文化共生・国際交流推進事業費補助金

参加するには。。。

ボランティアをする

会員になる

団体からのメッセージ
子どもたちが毎日来て宿題をしたり、日本語の勉強をしたり、保護者とも母語で話や相談ができるような「子どもセンター」にできたらいいとおもっています。興味のある方、ぜひご連絡ください。
■ こんな団体です ■
活動分野
外国人の子どもの就学支援(こどもの健全育成)、多文化共生
活動対象
5、6歳(未就学児のプレ・スクール)から小・中学生、高校生など18歳まで
活動地域
浜松市中区佐鳴台
設立年
2007年(2010年12月法人化)
会員構成
23名
会費
2000円
運営スタッフ
常勤 5名、非常勤 5名
総事業支出額
20,927,307円('13年度)
20,783,031円('12年度)
16,113,116 円('11年度)
内閣府NPO法人ポータルサイト
外部サイトへのリンク
代表者名
金城 アイコ(かなしろ あいこ)
連絡先
(住所) 〒432-8021 浜松市中区佐鳴台3-52-23 ハルカムビル2F
(電話) 090-6593-8447
(Eメール) npoarace2013@gmail.com
(2015年2月現在の情報です)