トップページ
フロイデ02


あなたが主役です!

NPO法人 浜松フロイデ合唱団


毎年年末にプロのオーケストラと共にベートーヴェン「第九」の演奏会を開いています。



 アマチュア合唱団としては全国で初めてNPO法人として立ちあがりました。市民合唱団として団員全員で演奏会を作り上げています。合唱以外にも、地域への音楽普及活動を通して地域貢献にも力を注いでいます。

はじまりは。。。

1973年、音楽鑑賞団浜松労音(はまおん)の呼び掛けで市民による合唱団を集め、第九演奏会を開いたのが始まりでした。その後1981年から毎年継続して演奏会を行うようになりました。1999年「はまおん」が解散するのを機に、演奏会開催から団体の運営まですべて団員の手で自主運営していくことになりました。プロのオーケストラを呼んだり、大きな演奏会を開いていくため、2001年NPO法人化し、地域に向けての活動にも目を向けていきました。

こんな思いでやっています

合唱の経験の有無に関わらず団員みんなで演奏会をつくりあげています。合唱を目的として様々な年齢、職種、経験の方が集まり、それぞれの立場で団の運営に関わっています。設立当初からしっかりとした運営委員を組織し、ニュース係、宣伝係、合宿・交流係、学習係、ステージ係、練習準備係にわかれ活動しています。モットーは「全員参加」です。

こんな活動をしています

1.ベートーヴェン「第九」演奏会の開催

フロイデ01

毎年年末に、アクトシティの大ホールでベートーヴェン「第九」演奏会を開催しています。プロの指導者による合唱指導を受け、プロのオーケストラを招いて演奏してもらい、市民の皆さんにクラシック音楽への入り口となる演奏会を開いています。
演奏会に向けての練習は、7月から毎週火曜日に行っていて、日曜日練習やパート練習なども行っています。また、二日間の合宿練習も実施しています。
2.地域への音楽普及活動
1日合唱体験レッスン
5月の第二日曜日に、どなたにでも気軽に歌うことの楽しさを体験してもらうイベントを行っています。
青少年育成事業 中学生の無料招待
中学生100名を、演奏会に無料で招待しています。クラシック音楽への入り口として、大きなホールでプロの演奏を聴く機会を提供しています。
団員の力と継続の力
2011年度で、連続して31年、第九演奏会を開催しています。団員の手で長い間継続してきたおかげで、演奏会は満席近くの観客が入ります。また、今までに述べ4000人の方が第九を歌ってきました!

参加するには。。。

団員になる
詳しくはホームページをご覧ください。
団体からのメッセージ 
第9を歌うことによって、歌う喜びと共に演奏会を作り上げる喜びを味わうことができます。どなたでも大歓迎です。
■ こんな団体です ■
活動分野
文化・芸術
活動対象
一般
活動地域
浜松市中区
設立年
1973年(2001年法人化)
会員構成
155名
会費
正会員 15,000円/年、賛助会員 20,000円/年
運営スタッフ
非常勤 25名
総事業支出額
11,749,512円('14年度)
11,299,430円('13年度)
13,233,976円('12年度)
内閣府NPO法人ポータルサイト
外部サイトへのリンク
代表者名
中村 直行(なかむら なおゆき)
連絡先
(住所) 〒432-8031 浜松市中区平田町12
(電話) 053-454-1145
(FAX)  053-454-1146
(Eメール) manager@freude.or.jp
(ホームページ) http://www.freude.or.jp/
(2015年10月現在の情報です)