トップページ
自然とのふれあい


いのちを感じてみよう

NPO法人 ラブ・ネイチャーズ


豊かな自然をいつまでも守って行くために、専門性を活かして活動しています。


自然観察会やエコツアー、出前講座などを通して、楽しみながら、自然のすばらしさ、厳しさを学び、自然の大切さを子どもたちへ伝えています。

はじまりは。。。

浜名湖花博のためのボランティアリーダー養成講座がきっかけで出会ったメンバーが、自然への興味や特技・資格を活かして活動して行こうと、団体を立ち上げました。そして、継続して事業を行い、自然のことをもっと多くの人に伝えて行くために、NPO法人となりました。

こんな思いでやっています

自然・子供・遊び・大好き人間の集まりです。子どもにも大人にも、自然との出会いを広めて行きたいという思いで活動しています。季節ごとの変化や成長に、“いのち”を感じられる自然とのふれあいを大切にしています。

こんな活動をしています

1.樹木名盤
樹木の名盤をつくって、小・中学校、公園、寺院などに取り付けます。樹木に親しんでもらうために、できるだけ読みやすく、分かりやすい形の名盤をつくっています。
2.エコツアー
3.自然体験
4.自然学校
海浜公園と浜名湖ガーデンパークで、それぞれ年間10回程度の連続講座を行っています。
5.緑のカーテンづくり
パッションフルーツでの緑のカーテンづくりを行っています。夏に枝葉が茂り、実も収穫できるので、子どもたちがとても興味を持って取り組んでくれます。
6.自然保護
団体設立当初から継続して、絶滅危惧種「シラタマホシクサ」を守り育てています。
7.出前講座
小学校や中学校での出前講座を行っています。
8.ネイチャーフィーリング
障害を持った人にもぜひ楽しんでほしい。特別支援学校にも積極的に行っています。
子どもの興味を拓く
単発の出前講座が多いのですが、学校への出前を季節ごとにやっていくと、子どもの自然に対する興味がどんどん変わってきます。最初は「先生が言うから」だったのが、どんどん積極的になってくるんです。

参加するには。。。

イベントに行く
自然観察会や体験講座など、イベントへの参加者を募集しています。
会員になる
特に、静岡県環境学習指導員の資格を持っている人は大歓迎です。
■ こんな団体です ■
活動分野
社会教育、河川・湖沼・海、森林里山、温暖化防止・自然エネルギー、子どもの健全育成、観光、食・農林水産
活動対象
すべての人
活動地域
静岡県西部(浜名湖周辺、浜松市、浜北、北遠など)
設立年
2002年3月(2005年6月法人化)
会員構成
21名 40~70代
会費
1,000円/年、入会金 1,000円
運営スタッフ
22名 全員が静岡県環境学習指導員の資格を持った、自然のスペシャリストです。
総事業支出額
2,492,929円('13年度)
2,960,991円('12年度)
3,667,322円('11年度)
内閣府NPO法人ポータルサイト
http://love-natures.sakura.ne.jp/
(2016年7月現在の情報です)