トップページ
浜松市里親会のロゴ


笑顔あふれる家族をつくろう!

浜松市里親会


事情があって家族と一緒に暮せない子どもを、新しい家族として迎え、家庭の中で養育する里親の会です。


はじまりは。。。

里親同士の交流、情報交流を目的として静岡県西部児童相談所管内の里親が静岡県西部地区里親会を立ち上げ、2007年に浜松市が政令市になったのを期に静岡県西部地区里親会から分かれて浜松市里親会ができました。

こんな思いでやっています

子どもたちの健やかな成長には家庭の温かい愛情のもとで養育されることが重要です。児童憲章には「すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもつて育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。」とうたわれています。
 できるだけ多くの子どもたちに、温かい家庭を提供するため、里親の相互交流を行い、里親としての役割を果たせるように研修を積みながら、子どもたちの夢を未来につないでいきたいと思っています。

こんな活動をしています

1.「里親会だより」の発行
年3~4回会報誌を作成し、里親登録会員や関係者に送ります
2.全国里親会への加盟
全国里親会に加盟し、全国里親大会等に参加しています。
3.研修会の開催
養育技術の向上などを目的に、毎年2月ごろに1回開催
4.1日里親事業(浜松市委託事業)
里親制度の啓発活動の一環として行われます。里親になりたい人や里親子、施設の児童・職員が一緒に活動し、楽しい1日を過ごします。
5.里親交流会
里親や里子が一緒になって、里親サロン、林間学校、焼きそば大会、もちつき大会などで楽しく交流します。
6.理事会
理事となったメンバーが里親会運営について年5~7回ほど会議をひらきます。
家庭に恵まれない子どもたちはどこで育つ?
里親制度は、児童福祉法に基づいた制度で、様々な事情により家庭で養育することができない子どもたちを、施設ではなく里親家庭で親に代わって養育する制度です。里親には「養育里親」「養子縁組希望里親」「専門里親」「親族里親」の4種類があり、児童の委託期間は、数日間から数年間まで様々です。
全国の里親委託率はおよそ10%ですから、家庭に恵まれない子どもの大半が乳児院や児童養護施設で生活しており、里親制度はまだまだ十分根を下ろしていない状況にあると言えます。
*里親委託率=里親委託数/児童養護施設・乳児院入所者数+里親委託数

参加するには

会員として入会する
浜松市の里親として認定・登録されることが必要です。
里親になることに興味をもったら浜松市児童相談所か各区役所にご相談ください。
こんな団体です
活動分野
福祉、子ども健全育成
活動対象
乳幼児、子ども、青少年(基本的に18歳まで)、一般(認定里親、里親の経験を有するもの)
活動地域
浜松市
設立年
2007年
会員構成
31組
会費
正会員 6,000円/年
運営スタッフ
7名
代表者名
五十嵐 到都(いがらし ゆきひろ)
連絡先 
(住所) 〒430-0929 浜松市中区中央1-12-1 浜松総合庁舎4F 浜松市児童相談所内
(電話) 053-457-2703
(FAX) 053-457-2645
(ホームページ) http://www.heartful-hamamatsu.com/index.html
(ブログ) http://yumekaze.hamazo.tv/
(2012年1月現在の情報です)