トップページ
写真


みんなが笑って暮らせるように

NPO法人 障がい者就労支援協会


障がいのある方々と共に、新しい働き方の仕組みづくりをしています。(NPO法人は2016年3月に解散しました。)


「お客さんがいて、仕事をして、ありがとうと言われる。それが一番。」

障がいのある人が社会と関わりを持ちながら働く喜びを感じられるよう、現在は草取りサービスを中心に作業所とつながりながら、障がいのある人の就労支援を推進しています。

はじまりは。。。

造園会社の専務取締役を務める代表は、作業所の関係団体の方との出会いの中で、障がいのある人の就労の問題を考えるようになりました。

企業にとっても働く障がいのある人にとってもお客様にとっても誇れるような仕事。社会の中での企業のあり方を模索していた時に、造園業を営む上で、コストの問題で提供できていなかった草取りを障がいのある人の就労支援に活かせないかと考え、事業を立ち上げました。
(平成28年3月31日にNPO法人を解散しました。草とりサービスは(有)舩越造園として引き継いでいます。)

こんな思いでやっています

働くよろこび
障がいのある人が、社会との関わりを持ちながら就労の機会を得ることは、社会全体の課題となっています。障がいのある人が働く作業所は、働くよろこびを得るため様々な努力をしています。
「仕事を通じてありがとうといわれる事。そんな働くよろこびを障がいのある方にも届けたい。」そんな思いで活動は行われています。
仕事とは社会の役に立つこと
「仕事とは本来、社会の役に立つこと」ですが、そのことが見えにくくなっているのもまた現実です。依頼された草取り作業を、障がいのある方にお願いすることが、直接的に社会福祉への貢献につながることがこの活動の強みです。今後も活動に共感してもらえる作業所とのつながりを増やしながら、草取りサービスに限らず活動の場を増やしていきたいと願っています。
現場では
作業には必ず作業所職員が同行し、当日もプロの目での作業前後の確認は怠りません。作業内容や仕上がりの不安を取り除くことで、お客様にとっても作業を行う障がいのある人にとっても、安心した作業を行えるように心がけています。

こんな活動をしています

1.就労支援
草取りサービス 企業や個人宅、寺院や公共施設などの草取りを請け負っています。
他のサービス提供も今後は増やしていく予定です。

参加するには。。。

参加者・仲間
趣旨に賛同し、仕事を依頼していただける方を募集しています。詳しくは団体のホームページまで。
問い合わせフォームまたは電話にて直接ご連絡ください。
NICOプロジェクト
ニコプロジェクト多くの方にNPOの活動のことを知ってもらうための一環として、NICOプロジェクトと名付け、活動への賛同者を募集しています。団体のホームページからも申し込みできます。
団体からのメッセージ
障がい者自身のスキルやモチベーションも勿論ですが、鍵になるのは各作業所の担当者です。業務の効率的な流れを教えながら作業を進めますので、担当者の現場監理の技術が向上します。障がい者福祉のプロである作業所のノウハウと、庭仕事のプロである当NPOのノウハウを、良い形でコラボレーションして、虚しく空き缶を潰し続ける日々と決別しましょう。
危機感とやる気のある作業所さんのご連絡を待っています。
■ こんな団体です ■
活動分野
福祉、清掃、職業能力開発・雇用機会
活動対象
活動地域
設立年
2010年(2011年5月法人化)
会員構成
会費
運営スタッフ
総事業支出額
内閣府NPO法人ポータルサイト
代表者名
連絡先
(2012年1月現在の情報です)