トップページ
N-Pocket


こうなったらいいな、を事業に変えて動き出す!

認定NPO法人 浜松NPO
ネットワークセンター(N-Pocket)


多様な人々が社会参加する「ソーシャル・インクルージョン」で、共に支えあい、誰もが積極的に生きられる社会を目指します。


「こうなったらいいな」という思いや課題解決の様々な方法が集まり、地域や分野を越えた市民の活動を支えると共に、企業や行政とのパートナーシップをつくり、新しい市民社会を実現していきます。

はじまりは。。。

1997年3月の「情報公開条例を市民の手に」の開催をきっかけに、同年11月に「浜松地域活動ネットワークセンター」を設立。鴨江に共同事務所を開設して中間支援NPOとして、様々な市民団体の交流拠点をめざしました。1998年4月に「浜松NPOネットワークセンター」(愛称 N-Pocket エヌポケット)と改称し、環境や福祉分野の市民団体に携わる12人が発起人となって、設立総会を開きました。2000年に法人格を取得し、中間支援組織としての活動を本格化しました。

課題解決のために様々な事業をすすめる中で、障害のある人や多文化な若者たちと出会い、ソーシャルインクルージョン「誰をも排除しない社会づくり」を具現化するため、中間支援NPO(市民活動支援)としての活動だけでなく現場での活動(多様な人々の社会参加支援)も増えていきました。

2015年8月に認定NPO法人に認定されました。

こんな思いでやっています

「こうなったらいいな…」という市民の夢や思いは、共通の志を抱く人々と出会うことによって社会的な力に育ちます。自分たちの責任で住みやすい地域社会に変えていこうという基本姿勢を、学びながら交流することで、「人もまちも」成長していくからです。

N-Pocketにいっぱいつまった夢や思いを、「つなぎ・しらべ・しらせ・ささえ・そだてる」市民による共同事務所・シンクタンクとして、地域や分野を越えた市民の活動をもっと元気に、幸せな社会作りを、多くの人と共に進めていきたいと考えています。

スタッフ自身も当事者として
N-Pocketのスタッフは、障害者や在住外国人など課題の渦中にいる当事者に寄り添うだけでなく、スタッフ自らも「社会をつくる当事者」であることを大切にしています。仕事以外でも個人的に市民活動に関わって、各々イベントを開催したり、他団体でボランティアをしたり、セミナーに参加したり…。そこで得た情報や人的ネットワークを活かして、新たなニーズを発掘するなど、アンテナ高く活動しています。

こんな活動をしています

1.市民活動支援
共同事務所運営、セミナー・講座の開催、インターンシップの受け入れ、情報収集・提供、地域資源の調査・開拓、全国のNPOとの連携、提言活動などを行っています。
2.多様な人々の社会参加支援

写真

1)障害のある人
静岡県の「ジョブコーチ派遣」「ジョブコーチ養成講座」、国の障害者職業センターのジョブコーチ事業などを通じて、障害のある人の職場定着を支援します。
2)ICTによる社会参加
障害者の在宅パソコン講習や、バーチャル工房で、ICTを活用して障害や難病を持つ人のコミュニケーションや社会参加を支援しています。

写真

3)多文化共生
外国をルーツとする子どもたちが、日本できちんと教育を受け、進路を切り拓けるよう、多言語による「高校進学ガイドブック静岡県版」、Webサイト「外国をルーツとする子どものための教育支援情報倉庫」を作っています。
4)子ども
子どもの貧困について、活動団体でネットワークを組んで学習支援や居場所づくり、相談などに取り組んでいます。
Webサイト「ほっとけない子どもの貧困 制度と相談 浜松編」で、経済的困窮の環境にある子どもに関する制度や相談窓口の情報提供をしています。
5)環境・地域の自立
損保ジャパン日本興亜・日本NPOセンター・地域の環境団体との4者協働によるSave Japanプロジェクトで、環境保全活動に参加するきっかけを提供します。地域の自然環境や生物多様性への関心を高めることで、「いきものが住みやすい環境づくり」を目指します。
事業を通した市民活動支援
N-Pocketでは直接的な市民活動支援の他に、具体的な社会の課題を解決する事業を数多く行っています。当事者や支援者、関係団体、行政、大学研究機関など、様々な関係者を集めたプラットフォームをつくり、事業を通して市民活動団体の支援も行っています。このようなスタイルの中間支援センターは、全国的にも珍しく、毎年多くの視察や問い合わせがあります。
<<委託事業、補助金・助成金事業など>>
  • WAM(2016年)「子ども支援 はままつはじめの一歩連携事業」
  • 静岡県:ジョブコーチ派遣事業(2001年より現在)、西部障害者マルチメディア情報センター管理運営事業(2001~2014年)、障害者在宅パソコン講座事業(2003~2014年)、バーチャル工房支援事業(2006~2013年)、ジョブコーチ養成事業(2010年より現在)
  • 浜松市:市民活動フォーラム開催事業(2011年)

参加するには。。。

イベントに参加する
賛助会員になって活動を支援する
会員となってニュースレターを購読する
セミナー・シンポジウム・イベントに参加する
ボランティアをする
イベントのお手伝い、印刷・発送作業、データ入力、ホームページ更新、デザイン・編集、翻訳(英語、ポルトガル語、タガログ語等)
団体からのメッセージ
当事者自身が問題提起をし、市民とともに課題解決することができる自立した社会をめざして、つながりあおう。こうなったらいいな~という思いを言葉にしよう。社会を変える一歩を自ら踏み出してみませんか。
■ こんな団体です ■
活動分野
福祉、社会教育、まちづくり(ユニバーサルデザイン)、環境、国際協力(多文化共生)、子どもの健全育成、情報化社会の発展、職業能力開発、雇用機会、市民活動支援
活動対象
子ども、青少年、高齢者、障害のある人、在住外国人、一般
活動地域
静岡県
設立年
1998年(2000年法人化)
会員構成
個人正会員 36名、個人賛助会員 16名、団体正会員 74名、団体賛助会員 16名
会費
個人 正会員 3,000円/年、賛助会員 3,000円/年・口
団体 正会員 5,000円/年、賛助会員 5,000円/年・口
運営スタッフ
常勤 1名、非常勤 8名
総事業支出額
53,205,225円('18年度)
54,466,482円('17年度)
50,517,485円('16年度)
内閣府NPO法人ポータルサイト
外部サイトへのリンク
代表者名
井ノ上 美津恵(いのうえ みつえ)
連絡先
(住所) 〒432-8021 浜松市中区佐鳴台3-52-23 ハルカムビル2F
(電話) 053-445-3717
(FAX)  053-445-3717
(Eメール) info@n-pocket.jp
(ホームページ) http://www.n-pocket.jp/
(ブログ) http://npocket.hamazo.tv/
(Twitter) @N_Pocket
(2018年9月現在の情報です)