トップページ
ネパールの子どもたち


ネパールの生活力向上を目指して

認定NPO法人 ブッダ基金


ネパール山間部の無医村での医療援助活動はじめ、移動図書館車によって山間部の学校へ本を届ける支援、女性の地位向上に取り組んでいる団体です。


はじまりは。。。

1991年に設立者の山口医師が日本で持病のあるネパール人青年と出会い、術後のケアのためネパールを訪問したことがそもそものはじまりです。1990年より浜松市に外国人労働者が増え、健康問題が深刻化したこともあって、1996年より浜松で外国人無料検診会を始めました。
 その活動を通じて、ネパール人の疾病相談、病人の世話などをする機会があり、2001 年にネパールの無医村で健康診断と治療を実施するキャンプを行いました。ネパールの医療や教育の窮状を目の当たりにして、ネパール支援のために医師・ロータリークラブ会員・市民などに賛同者を募り、2001年に「NPO法人ブッダ基金」を立ち上げました。
 その後、政情不安の中も支援活動を続けてきた活動が認められ 2004年には寄付金が優遇税制の対象となる、日本で30番目の認定NPO法人となりました。

こんな思いでやっています

ネパールでの検診の様子ネパールは世界最高峰のエベレストがあり、美しい自然の国ですが、アジアの最貧国の一つであり、農業以外の収入の道がないため、外国への出稼ぎや、外国からの援助をあてにしないと成り立たない国となっています。ネパール国の人々が自立できるように、地域に密着した支援活動を行い、生活力向上の支援をしたいと考えています。

こんな活動をしています

1.医療支援
ネパールでの無医地区での無料医療キャンプでは、現地NGOやロータリークラブなどと協力し、これまでに20回以上、1万人近くにおよぶ村人を検診しています。また、支援して完成した病院の支援、医療機器の提供のほか、学校検診、救急医療法の指導、救急医薬品の支援を行っています。
2.教育支援

図書の贈呈

子ども移動図書館を拠点とし、山間部の恵まれない村の学校に本を届ける「ブッダ子ども移動図書館プロジェクト(BCMLプロジェクト)」を中心とした教育支援事業を行っています。2014年度は年間180校の学校を移動図書館車で周り、図書室のない学校などに本を貸し出しました。
また、学校の裏山にコーヒー園を作りその収益を学校の運営費に充てられることを目指した「コーヒー園プロジェクト」や、老朽化の激しい校舎を立て直す「学校建設プロジェクト」なども行っています。
3.女性の地位向上支援
 女性の自立支援として裁縫技術を学べる「サクラリグランスプロジェクト」を行っています。
4.産業支援
 上記の事業を実施するにあたり、現地の村人の雇用を創出しています。

参加するには。。。

会員になるには
随時募集しています。
ボランティアをする
ネパールで活動できるお医者さん、看護師さん、学校の先生を募集しています。
■ こんな団体です ■
活動分野
国際協力(ネパール:医療、教育、女性支援)
活動対象
ネパール国内のネパール人
活動地域
ネパール
設立年
2002年2月
会員構成
正会員 34名、賛助会員 9名 医者・ロータリークラブの会員・教育者が多い
会費
正会員 個人 12、000円/年1口、団体 12、000円/年1口
賛助会員 個人 6,000円/年1口、団体 30,000円/年1口
運営スタッフ
非常勤 4名
総事業支出額
13,635,324円('17年度)
12,934,074円('16年度)
13,302,048円('15年度)
内閣府NPO法人ポータルサイト
外部サイトへのリンク
代表者名
加藤 義一(かとう よしかず)
連絡先
(住所) 〒432-8021 浜松市中区佐鳴台3-52-22
(電話) 053-415-8144
(Eメール) buddhafoundation1991@gmail.com
(ホームページ) http://buddha-f.org/
(2015年7月現在の情報です)

日伯交流協会(まりまり応援)


日本とブラジルのよりよい未来のために

日伯交流協会


日本人・ブラジル人の友好親善と「文化、教育、スポーツ」を通した交流・相互理解を目指して活動しています。


はじまりは。。。

2008年の日本人ブラジル移住100周年記念の世界空手大会の実行委員会のメンバーとして、浜松に空手道場を構える日系ブラジル人二世の児玉哲義師範を中心に集まったのは、実行力もあり、実績のある人たちでした。この集まりを続ければ、日本とブラジルの関係を良くすることができるのではないかと感じ、日本における日系ブラジル人の子どもたちの将来のためにつなぐものを残したいと思い、当時静岡文化芸術大学学長だった川勝平太氏が初代会長に任命され、2009年2月19日に日伯交流協会(Aliança de Intercambio Brasil Japão)を設立しました。

こんな思いでやっています

長年ブラジル人コミュニティ問題や青少年健全育成、国際交流に関する活動が日伯交流協会の設立に結びつき、活動を継続出来ることはとても嬉しく思います。
日伯交流協会(理事会)

日本で暮らして行く覚悟を決めたブラジル人たちは、子どもの将来や教育のことを真剣に考えるようになってきます。日本に残ると決意をしたところから、少しずつ親の行動が変わり、子どもたちのために日本社会に溶け込んでいきます。それでも、日常的に相談や疑問を聞けるような体制がまた不十分で、日本の教育システムに馴染めない子どももいます。協会ではそのような方々をサポートし、子どもたちの未来のために交流・相互理解を目指して活動を続けていきます。

こんな活動をしています

教育、文化、スポーツの3つを柱として活動しています。2か月に一度例会があり、その間に理事会も入ります。ブラジル大使館や総領事館、市、教育委員会などと力を合わせて活動しています。

1.教育環境をよりよくする活動
  • セミナーの開催
  • 講演などで学校を巡り、言葉に困っている子どもや、小学校から大学まで行けるような支援
  • 日本に永住する気持ちを持つブラジル人たちが、日本社会で十分に活動ができるような教育
  • 今後は、ブラジルの日本人学校に通う子どもたちを日本に留学させ、日本からもブラジルへ学生を送る支援をしたい
  • 今後は、日本ブラジル経済の交流活動も考えています
2.日伯交流を深める文化活動
  • 例会での講演会
  • 日本とブラジルの文化を紹介
  • 日本の文化を教えたり、よりよく知ってもらう活動(実演による講習など)
  • ブラジルフェスタ in HAMAMATSUの開催、日本→ブラジルお芝居出前プロジェクト協賛、カポエイラやダンスを通じたブラジル文化の紹介の支援、ブラジル・ポピュラー・ミュージック団体の支援、その他
3.スポーツで日伯交流
  • カポエイラの全国交流会の支援
  • 児玉道場を拠点に、空手や格闘技をはじめいろいろなスポーツを通して交流できるように支援をする
  • 浜松ビーチテニス大会、フットサルL-LEAGUEアグレミーナ浜松、卓球大会等
  • 浜松市制100周年記念を機に、2011年に第1回の日伯運動会を開催し、年に一回のペースで開催を続ける予定。文芸大の大学生やコミュニティのボランティアが40人くらい集まったので、青年部「日伯サポーターズ」を作ろうと計画中。
日伯運動会
日伯運動会ブラジル人学校、日本の幼児、小・中学校からブラジル人、日本人やその他の国籍の子ども、教員、保護者、地域の大人などが参加しました。ブラジル人学校の子どもや先生たちは、普段他校の生徒や先生と交流できる場が少なく、運動会で一同に会したのはとても良い機会となりました。
ブラジルのラジオ番組からプロのMCに来てもらい、日本とブラジルの音楽を流して日本語とポルトガル語アナウンスによる競技の応援をしたり、みんなの前で褒めたり、盛り上げました。「ブラジルの友だちができて嬉しかった」「親子で参加できる運動会は他にないので楽しい」と好評でした。
「まりまり」のブラジル公演
静岡文化芸術大学の協力で「お芝居デリバリー・まりまり」をサンパウロなどに派遣し、老人施設や子どもの施設などで昔話を日本語(一部ポルトガル語)で上演しました。日系一世、日本から帰国した子どもたち、日本人学校に通っている子どもたち、日本語があまりわからない人たちも、みんなが楽しく過ごしました。
<<委託事業、補助金・助成金事業など>> 
浜松市制100周年記念事業 「100夢プロジェクト」
浜松市制100周年記念 日伯運動会
浜松市制100周年記念 ブラジル・フェスタin Hamamatsu

参加するには。。。

会員になる
年会費 個人・法人ともに 一口5000円より
会員は紹介制度。会員の誰かに紹介してもらい、理事会で承認。
日伯サポーターズのメンバーになる
会費はありません。日伯交流協会が主催するイベントでボランティアをやりたい方。
団体からのメッセージ 
日頃より多くの方々に大変お世話になり、ありがとうございます。今後も日伯交流を深める努力をして行きますので、皆様のご理解ご支援をお願い申し上げます。
こんな団体です
活動分野
文化・芸術・スポーツ、国際協力・多文化共生、子どもの健全育成
活動対象
在住外国人、一般
活動地域
浜松市を拠点とし、全国を目指す
設立年
2009年2月19日
会員構成
会員 45名 日本人とブラジル人が主ですが、他国籍の方もいます。経済人や教育者、弁護士、ブラジル人コミュニティリーダー等の男女。
会費
個人・法人 年会費 一口5000円より
運営スタッフ
事務局スタッフ 3名、常任理事 2名、理事 10名、監事 2名、アドバイザー 2名
代表者名
副会長(会長代行) 石井 義勝、
副会長 児玉 哲義、中村 伸宏
連絡先
(住所) 〒433-8114 浜松市中区葵東2-16-8
(電話) 053-420-0034
(FAX) 053-482-7841
(E-mail) alianca_brasil_japao@yahoo.co.jp
(ブログ) http://nippaku.hamazo.tv/
(2012年1月現在の情報です)

SUAC_Habitat3


誰もがきちんとした場所で暮らせるように

Habitat for Humanity Alicia


世界100ケ国で活動するNGOの日本拠点のプログラムに参加し、貧困住居の問題解決のために建築ボランティア活動に海外へ出かけています。


世界の人口の25%以上、約16億人が貧困等により劣悪な環境で暮らすことを余儀なくされています。日本支部、NPO法人ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン(東京)が窓口となって、毎年700~800人のボランティアを海外へ送っており、その中の若者を対象とする活動の1つにキャンパスクラブ(学生団体)として参加しています。

はじまりは。。。

2002年、当時、静岡文化芸術大学(SUAC)に勤務していたメアリー先生からハビタット・フォー・ヒューマニティの活動を紹介され、学内組織を設立しました。

毎年春休みに、ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパンを通じて、海外住居建築活動(GV)に参加し、現地の人たちはもとより、全国のハビタット学生支部のメンバーなど、たくさんの人に出会い、たくさんのことを学んでいます。

Habitatについて
アメリカに本拠地をおく、家を建てることで平和を築く国際協力NGOです。人種、宗教、国籍に関係なく、世界100カ国で住宅建築支援を行ってきました。「家」は生活の基本で、「健全な住宅」は、健康、プライバシー、子育て、仕事をする活力の源となります。
住宅を必要とする「ホームオーナー家族」あるいは「地域コミュニティ」にその建築コストを無利子・無担保で長期間融資し、少額ずつ時間をかけて自力で返済していけるような環境を作ります。ホームオーナー家族がローンで返済するのは、住宅コストのおよそ1/3。残り2/3は支援者からの協力によって支えられます。ローンを返済するほかに、自らが約300~600時間の現場作業を行い、ボランティアといっしょに汗を流します。この制度により、ホームオーナー家族は市場価格よりずっと安く住宅を手に入れることができ、地域コミュニティの結束も強まります。
 ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン http://habitatjp.org/

こんな思いでやっています

主に東南アジアで、世界中から集まったボランティアや地域の人と一緒に住宅を建てる支援を行っています。国内では、世界の貧困住宅問題が存在することやハビタットの理念を「伝える」ことを重要なミッションとして活動しています。どうしたら理解してもらえるか、興味を持ってもらえるか、メンバー全員で考えながら取り組んでいます。また、実際に建築ボランティアをしたメンバーの経験から、現地の事前調査や関係者との交流のための入念な準備の大切さが引き継がれています。

東日本大震災を機に海外支援だけでなく、東北支援に向けた活動も行っています。これからは、世界の貧困住宅問題の解消と日本の災害支援の両方の活動に取り組んでいくつもりです。

こんな活動をしています

1.海外住居建築活動(GV)
毎年春休みに、10日から14日の日程で海外住居建築活動(GV)に参加します。これまで、タイ、フィリピン、マレーシアに行きました。今春はカンボジアに行く予定です。
現地では、大工さんやホームオーナーさんと一緒に住居建築の作業を行うだけでなく、ホームオーナー家族や地域の人々との交流や観光なども行います。そのため、現地の情勢や文化などの事前調査や勉強、インタビューの準備、ウエルカムパーティやフェアウェルパーティの計画を立てるなど、事前準備や事前学習も大切な活動の一つです。
2.海外住居建築活動費を集める募金活動や啓発活動

Habitat for Humanityの募金活動の写真

大学祭や活動報告のイベントを、大学内の施設を使って行います。自分たちが参加したGVの報告やハビタットの活動を展示したり、カフェを出店し、美味しいひとときを楽しんでもらいながら、自分たちの活動に触れてもらう機会を作っています。同時に、海外住居建築活動費の募金も呼びかけています。
3.一般向けの広報や啓発と募金活動
ひとりでも多くの人に、ハビタットの活動を知ってもらうために、大学を出て、浜松駅周辺や静岡市青葉シンボルロードなど街頭に立ち、広報や啓発活動を行っています。
東南アジア支援チャリティイベントを浜松市内のライブハウスで開催しました。

参加するには。。。

会員になる
静岡文化芸術大学の学生でなくても、ハビタットの趣旨に賛同し、活動に参加できれば、どなたでも歓迎します。現在、静岡大学の学生がメンバーとして活動しています。
ミーティング(週1回) / 春休みの海外支援 / 夏休みのハビタット・ジャパン主催の合宿参加
団体からのメッセージ
Habitat for Humanity Aliciaやハビタットという団体の存在や活動を、ひとりでも多くの人に知ってもらいたいと思います。そのために、写真展や海外住居建築活動(GV)報告会を積極的に行っていきますので、みなさん、ご参加ください。
こんな団体です。
活動分野
国際協力
活動対象
青少年、一般
活動地域
国内、海外(主に東南アジア)
設立年
2002 年
会員
30名
会費
2000円/年 (その他、活動ごとに必要に応じて徴収あり)
運営スタッフ
15名(うちコアメンバー4名)
代表者名
佐藤 世玲奈(さとう せれな)
連絡先
(ホームページ) https://suachabi.jimdo.com/
(Twitter)https://twitter.com/suachabi

(2017年5月現在の情報です)

スリランカ


日本とスリランカの架け橋に

NPO法人
日本ランカ友好支援協会


スリランカの人たちとの交流を通して、本当に必要とされる支援のかたちを見つけて行きます。(NPO法人は2015年3月に認証取り消しされました。)


はじまりは。。。

スリランカに住んでいる友人から、話を聞いたことがきっかけです。スリランカは日本と深いつながりがあることを知り、実際に行ってみると、皆とてもフレンドリーに接してくれたことが印象に残りました。同時に、内戦の爪痕が今も残っている現状を目の当たりにして、何か力になれることはないだろうかと考えるようになりました。そして、組織として活動することで、個人レベルではできないような支援を実現させて行こうと、NPO法人を立ち上げました。

スリランカ内戦
民族的・宗教的な対立に端を発した争いは、国を二分して政府軍と反政府武装組織との大規模な紛争を引き起こし、全土にわたって暴動が繰り返されました。この内戦は1983年から25年にわたって続き、2009年に終結しました。連行され、洗脳された子ども兵が自爆テロをもいとわぬ殺人兵器に仕立てられたと言われています。
民族融和を始め、破壊された住居やインフラの復興、埋められたままになっている地雷の除去など、多くの課題が残されているのです。

こんな思いでやっています

スリランカは、深い歴史を持ち、仏教が人々の生活の中に根付いている場所です。日本に興味を持ち、日本語を学習している若い世代が多いのも特徴です。アーユルベーダや、ジョーティッシュと呼ばれる古典的な星占い、7つの世界遺産など、観光資源が豊富な、魅力あふれる国です。

訪問するたびに感じる、スリランカの人たちの人柄に魅了され、彼らのために何とか力になりたいという思いで活動しています。

こんな活動をしています

「思い」先行で法人化しましたが、本格的な活動はこれからです。メンバーが個人レベルで渡航を繰り返し、具体的な連携や支援の方法を探っています。

■ こんな団体です ■
活動分野
学術・文化・芸術、保健・医療・福祉(健康)
活動対象
活動地域
設立年
2010年4月設立→2015年3月認証取り消し
会員構成
会費
運営スタッフ
総事業支出額
内閣府NPO法人ポータルサイト
代表者名
連絡先
(2012年1月現在の情報です)


NPO法人 浜松環境フォーラム


浜松市・静岡県閲覧資料をもとにまとめました。

活動分野は定款から転載。活動実績と異なる場合があります。

(NPO法人は平成30年2月27日に認証取り消しがされました。)

■ こんな団体です ■
活動分野
保健・医療・福祉、環境の保全、科学技術の振興、経済活動の活性化
活動対象
活動地域
設立年
2008年6月
会員構成
会費
運営スタッフ
総事業支出額
内閣府NPO法人ポータルサイト
代表者名
連絡先
(2012年1月現在の情報です)

全日本健康音楽研究会


カラダとココロの健康づくり

NPO法人 全日本健康音楽研究会


楽しみながらの健康づくりを目指して、プログラムの考案やインストラクター派遣を行っています。


はじまりは。。。

社会教育の実践場として団体を立ち上げ、退職教職員の健康自己管理のために、健康表現体操の指導を行っていたのがはじまりです。

公民館などから指導の依頼が増え、健康表現体操が普及し始めてきたときに、指導先のアメリカ合衆国ハワイ州でNPO法人のことを知りました。そんな出会いもあって、活動内容が多様化してきた状況も考慮してNPO法人として活動して行くことになりました。

NPO法人になって
NPO法人になったことで、インストラクターの意識が変わりました。NPO法人に所属していることに誇りを持ち、自分たちも社会の一員という姿勢で活動に取り組むようになりました。

こんな思いでやっています

健康づくりは誰にとっても必要なものですが、継続して行うことが大切です。“やっていて楽しい”ことを第一に考えて、運動心理学の専門家に協力を依頼して、使用する曲や動きを厳選したオリジナルの健康体操を考案しました。一つ一つの動きにどのような意味があるのかもしっかりと説明し、効果を感じながら動くことができます。

こんな活動をしています

1.講師派遣
インストラクターを、公民館などに派遣しています。ボランティアで老人ホーム等に行くこともありますし、定期的にハワイ支部、韓国支部、米国支部、ブラジル支部でインストラクター養成講座やフォローアップを行っています。
2.インストラクター養成
インストラクターを養成するための講座開催と審査を行っています。
3.イベントや研修会、フェスティバルなどの開催
どんな人でも健康づくりは必要
筋萎縮症などの難病を患っている人や、難聴の方などには分かりやすく、リラックス効果のあるプログラムを、新たに考案しています。ときには当事者だけでなく家族の方ともいっしょに楽しくできる健康づくりを目指しています。

参加するには。。。

インストラクターになる
インストラクターになって、いろいろな場所で健康プログラムを教えてみたい人を募集しています。養成講座を修了してから審査があります。興味がある方はお問い合わせください。
プログラムに参加する
公民館などで開催している、健康プログラムへの参加者を募集しています。日時や場所など、詳しくはお問い合わせください。
団体からのメッセージ
 全健音の大きなねらいは、「動きと音楽」との結びつきです。人口の高年齢化に伴い、増えている脳の退化を防ぐ為の脳トレーニングにも力を注ぎ、心の安定、丈夫な体の三つの領域を総合的に刺激することで、体全体を開花させる事を大きな目標にしております。
■ こんな団体です ■
活動分野
保健・医療・福祉、社会教育、活動支援
活動対象
子ども、障がいのある人、高齢者
活動地域
国内、海外
設立年
1992年4月(1999年9月法人化)
会員構成
正会員 82名、賛助会員 4900名
会費
正会員 5,000円/年、賛助会員 800円/年
運営スタッフ
常勤 2名
総事業支出額
7,595,738円('17年度)
8,755,969円('16年度)
7,894,764円('15年度)
内閣府NPO法人ポータルサイト
外部サイトへのリンク
代表者名
豊田 英二(とよだ えいじ)
連絡先
(住所) 〒431-3124 浜松市東区半田町526
(電話) 053-424-8800
(FAX) 053-424-8600
(Eメール) info@zenkenon.org
(ホームページ) http://www.zenkenon.org
(2017年2月現在の情報です)